2009年02月01日

作詞投下したものたち

*愛が生まれた日 作詞/410スレ123

たとえば心が一枚の紙ならば「ごめんね」を書いて君に送るよ
もしも心が繋がってるならこの後悔に押しつぶされないで…
「運命」の一言で片付けたら、なんか切ないね
「思い出」の一言で片付いたら、ちっぽけだね…

「何がダメで何が良かったか」なんて
今更どうにもならない 戻ることなんてできない
足りなかった言葉を全部書いて
手紙にしたら一行も埋まらなかった…

君から手紙がくるならば「ありがとう」の一言だけでいい
迷いや不安もわかってるから、全部僕に押しつければいい…
「出会い」の一言で片付くほど、単純じゃなくて
「別れ」の一言で片付くくらい、あっけなかった…

傷口に孤独と夜風がしみて
あの日々に浸っても 戻ることなんてできない
幸せと笑顔を天秤にかけて
比べてみたら笑顔が少し重かった…

「何がダメで何が良かったか」なんて
今更どうにもならない 戻ることなんてできない
足りなかった気持ちを全部書いて
歌にしてみたら、一つ「愛」が生まれた




*あまくはじけるカクテルをグラスへと注いだら人生So Sweet 作詞/408スレ118

乾杯しましょう!!
あなたと私のグラスで 高く澄んだ音を鳴らして
分かち合いましょう!!
この痛みと退屈を 笑いあおう声をあげて
(セリフ)
「おたくもですか?」
「じゃあ…おたくも?」
「ええ、アレですよ」
「糖尿病…ですか」

グラスに注げば泡立つカクテル(So sweet!!)
黄金色(こがねいろ)のマタドール(So sweet!!)
甘い甘い誘惑の色
窓越しの君に渡せばOK!!
待っているのは味のない Sweet,sweet days.



(補足)マタドールとはカクテルの名前です
   パインジュースが入ってるのでシェークすれば泡立ちます
   イエローのカクテルが泡立つことで…いや、やめておこう
   
posted by kureita at 00:54| 作詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

恋の魔法は×××

代理投下しようとして気付いた
これ、俺が書いた詞じゃん…www
さすがうぃりーさんですね、ありがとうございます
というわけで宣伝
最近なんかキラキラしてる印象がありますね
作曲はウィリーとマリーのどちらの名義なんだろうwww

http://marihirag.seesaa.net/article/106082755.html

*恋の魔法は×××  作詞/呉板 作曲/柊さん

魔法をかけてA☆GE☆RU
君にかけてあげる!!

あいさつ交わす度に縮まる二人の距離
視線が合う回数も日に日に多くなってく
雨の帰り道 大きな傘 濡れてる君の左肩
だけど何も言わないの 感じる小さな優しさ

※魔法をかけてA☆GE☆RU
君にかけてあげる!!
もう他の誰も見えないように…
最大級のハートで
魔法をかけてA☆GE☆RU
夢中にさせてあげる!!
君が私にそうしたように…
最高の呪文で☆

今日の運勢、最悪…恋愛運★☆☆(ひとつぼし)
「二人のリズムもなかなか合わないようね」
人ゴミの歩道 慣れないヒール 早足の君
だからこの手は離さないわ 伝わる?私のドキドキ…

魔法をかけてA☆GE☆RU
君にかけてあげる!!
変身だってできるんだから!
気付いて、新しい服><
魔法をかけてA☆GE☆RU
夢中にさせてあげる!!
「私のすべてが君のものよ」
そんなこと言えない!!

※くりかえし

だからお願い、恋の魔法!!
posted by kureita at 03:59| 作詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

夏の終わりを告げる下痢が帰り道の僕を襲い、諦めた僕はただ立ち尽くした…

なんと初めて歌詞に曲をつけてもらた
嬉しかったのでここで宣伝www
それにしてもLOMOさんは実力派ですね、尊敬します
(作曲/LOMO)
http://vipmusic.vip2ch.com/dl.php?f=music1106.mp3

追記
さらにもう一人弾き語りで作曲してくれた
歌詞のわりにやけに爽やかでギャップに吹いたwww
(作曲/408(?)スレ278)
http://vipmusic.vip2ch.com/dl.php?f=music1111.mp3

*夏の終わりを告げる下痢が帰り道の僕を襲い、諦めた僕はただ立ち尽くした… 作詞/呉板 作曲/LOMO、408スレ278
足早に過ぎていく季節(とき)
家路へと急ぎ足の僕
ポケットに入れたままの手
前かがみ 猫背の僕
迫るこの焦燥は時に追われるではなく
ただ…ただこの違和感を開放したいだけ

寄せては引いて…波のように
揺れる視界 青ざめる僕
その身を引いて…夏の終わり
高鳴る鼓動 息も絶え絶えに

夏と秋の狭間で僕が見たのは
白い景色 白い僕の顔
ふと見上げた空は高く澄んで
止まった僕 止まった人生(とき)
posted by kureita at 07:12| 作詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

今まで作詞投下してみたもの

なにげにチョロチョロ作詞投下もやってたりやってなかったり
なので、探してみたけどもう自分が何書いたか覚えてねえwww
とりあえず思い出せる範囲で最近投下したものだけでも載せておく
せっかく作詞カテゴリがあるからね、活用しないとねwww


*紙一重で天才な俺  作詞/392スレ580

自信作のレポート 胸張って叩きつけてやった
だけど褒められたのは 斜め向かいのあいつ
頭に詰めた知識 自慢げに披露してやった
でも彼女は乾いた返事 理解できないのか?低脳が
視野が広いから 小さなミスだって気付く
見た目だって悪くない クールな男演じてるし
運動だってできる リーダーシップもあるさ
俺は人とは違う 神は人の上に俺を作った

誰もわかっちゃくれない、わかろうともしてくれない
俺はここにいる いつだってみんなに褒められたい

過小評価くそくらえ!!俺は他人より一歩先にいる
そして振り向いて言ってやるんだ「もう少し俺を見習えよ」
過大評価腑に落ちない あいつは俺の数歩後を来る
そうさ俺は開拓者 お前らなんて視界の外
見てるがいいさ My success story


*切り干し大根の含め煮は食物繊維豊富でヘルシー

ねえ、繊維質な君へ
さあ、心を開いて
涙の海でふやけていいよ
優しさが僕に染みこんでくるよ

甘い甘い琥珀色の ocean
熱く熱く混ざり合えば ランデブー

君だけでいい 君だけがいい
それだけで僕も優しくなれる
誰も知らない 誰も知らない
とっておきの秘密の魔法

ねえ、繊維質な君へ
さあ、消えてしまおう
いつか誰かの糧となり
幸せをかみしめよう



*君が太陽なら

夜空を見上げてふと思う この裏に君はいるのかな
自分と月を重ねてみたりして なぜか涙がこぼれた
空を青く染めるほどの力もないのに
この目を通して心に突き刺さる
「もっと近づいて…」その灯りで照らしてよ
そしていつか重なって融かしてくれればいい

真昼の月を見てふと思う ここからは同じ顔しか見えない
今にも消えそうになっているクセに
この目を通して心に染み渡る
「もっと近づいて…」その灯りで照らしてよ
たまには裏にまわって醜いところまで
そして燃えつきて、その灯りが消えればいい
誰にも君が見えなくなってしまえばいい

星空見上げて気がついた この光は全部君だった



あと何個か投下したと思うが思い出せない…
自分のクセというか、例え話系の歌詞を書くことが多いです
切り干し大根の含め煮の歌詞なんかは自分でも気に入ってます
posted by kureita at 10:03| 作詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

愛故、僕ハ死ヌ



*愛故、僕ハ死ヌ 作詞/呉板 作曲/271(?)スレ15


堕ちて逝く この世界 もう何もかもを巻き添えにして
もし一度 救われるなら もう何もかもを引き換えにして…

嗚呼、紅く染まる 僕の顔、右手 鮮血に躍る君
嗚呼、血の気が引く この惨状に
この日の為に創られた世界(ぶたい)

哀しみが消えるなら 記憶(おもい)さえ打ち消して
後悔が残るなら せめて今はここで泣いていて

堕ちて逝く この世界 もう何もかもを巻き添えにして
もし僕を殺めるなら 躊躇いなんて今は要らない

嗚呼、紅く染まる 君の顔、右手 血の雨に躍る僕
嗚呼、血が滾(たぎ)るよ この幸福(しあわせ)に
最期に君が映る視界(せかい)

愛情(にくしみ)が消えるなら 理性さえ打ち消して
憎悪(あいじょう)が残るなら せめて今はここで笑って…

待ち侘びていた、この最期(しあわせ)

嗚呼、紅く染まる 深く堕ちて逝く 鮮血に踊る君
嗚呼、血の気が引く この幸福(しあわせ)に
涙で微笑み『さよなら』

もう僕は消えるから 記憶(おもい)さえ掻き消して
もう何もいらないから せめて君は笑って生きていて…








オケがあがらないっぽいので歌い直した。
V系の歌詞なんて書かないから、結構とまどった。
コツは厨二病をフル発動させることだね☆

…いやあ、ホント厨二病だなwww


〜録音裏話〜
ガイドメロに釣られて何度も音をはずしたよ☆
結構シャウト気味に歌ってるから喉もガラガラ(はぁと

あ、あとなんか録音のこととか発声方法とか聞きたいことあったらメールなりメッセなりこっそりください。
できる限りのことは答えます★
posted by kureita at 11:48| 作詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

続・正義の味方VIPマン

A)あいつのマントは唐草模様
あいつの心はいつも晴れ模様
君の心も照らしてくれるさ!!

B)悪徳業者につかまった時
街で美人とフラグ立った時
呼んでごらんよ!!

「VIPマン!たすけてええええええ!!」

S)V・I・P!V・I・P!V・I・P!VIPマン!!(Super sonic)
内藤マークのバックルが光る!!
V・I・P!V・I・P!V・I・P!VIPマン!!(Super sonic)
熱い心と冷たい視線!!

裸一貫 負け知らず 正義の味方VIPマン!!
posted by kureita at 20:26| 作詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の糞

A)ふと立ち止まった大通り
そこに佇む君を見た
ただ何をするわけでもなく
ただそこにいるだけの君

B)心の中で君に尋ねた
「君は何のためにそこにいるの?」
「君の存在に価値はあるの?」
君は顔色ひとつ変えず
僕をみつめながらこう言った

S)「君に何もしてあげられない
君にとって何の価値もない
だけど僕はいつか糧となり
きれいな花を咲かせるのさ

S)たとえばこんなアスファルトでも
きれいな花を咲かせるのさ
そしたら君は微笑んで
花に水をやってくれるかい?」

C)一週間後の大通り
まだ小さな芽が芽吹いてた
僕は少しだけ頬上げて
もういない君に手を振った
posted by kureita at 20:19| 作詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。